ヤマトデータベース協同組合ならではの安心のサポート体制

当組合では24時間365日万全のサポート体制を整え、初めての企業様でも安心して受入れていただけます。

事前に充実した日本語教育を


外国人の技能実習生を受入れるにあたり、皆様が心配されるのが「日本語のスキル」です。組合では様々な取り組みで外国人研修生、技能実習生の日本語能力のアップを目指します。

 独自カリキュラムによる日本語教育

入国前→入国後の一貫教育

入国前の約3ヵ月間の「現地講習」から入国後約1ヵ月の「集合講習」まで一貫したカリキュラムで日本語教育を行っています。

入国前は送出しとの連携

現地の送出機関と協力して入国前の日本語学習内容をヒアリング、場合によっては日本から電話を利用して抜き打ちテストを実施する等、目標のレベルまで日本語能力を上げる為に様々な方法を取り入れ企業様に喜ばれています。

入国してまずは組合での講習。レベルアップ

入国後もそれまでの勉強の続きから始められるように、入国直後にテストを行い、聴解・読解など実習生それぞれの弱点を把握します。例えば聴解が弱ければ聞き取りの授業を増やすなどして弱点強化に重点を置いた授業を行っています。加えて企業配属前にも同様のテストを行い、現地講習の成果を確認しています。

実習生のレベルに合ったテキストを独自編纂

実習生は一般的な留学生の様に語学を習うことが主目的ではないので、日本語レベルも様々です。組合では長期にわたり指導した経験を元に、「ベトナム」「中国」「ミャンマー」の各国版の様々なレベルに対応できるテキストを独自編纂致しました。他のテキストと組み合わせ、それぞれの実習生の日本語レベルにあった教育をし、全体的な日本語レベルアップを実現しています。

ようこそ日本へ、話そう日本語

企業様に配属後、スムーズに業務に取り組める日本語教育を目指します!

▲安心のサポート体制の先頭へ

1社2名の専任担当制(24時間365日安心サポート)

 経験豊富なスタッフがどんなトラブルにも対応

組合では受入れ企業様専属のスタッフが担当させていただく「担当者制度」にてサポートしています。各企業様の事情をよくわかった担当スタッフがどんなトラブルにも適切に対処致しますのでご安心ください。

母国語スタッフ、日本語スタッフ

また、2人体制での担当は、1人がベトナムや中国の母国語を話せるスタッフ。そしてもう一人は日本人スタッフというように、必ず実習生、企業様双方に問題が生じることの無いように万全の体制を築いております

ヤマトデータベース協同組合スタッフ

携帯電話にて24時間対応します

担当スタッフはすぐ連絡が取れるように、24時間携帯電話にて対応可能としております。
(※)問題が発生した場合でも迅速な対応をとることができる体制をとっておりますので安心です。

月に1度以上の訪問

組合では必ず月に1度企業様に訪問し企業様から問題を確認、必要に応じて実習生に指導を行っております。

又、訪問時に技能実習の指導だけでなく日本語の学習指導等も継続的に行っており、技能実習環境向上の為に様々な対策を行っています。

継続的に日本語の能力が向上するように

トラブル防止の第一歩

技能実習で問題の根本的な原因の多くは「日本語が出来ないことによるコミュニケーション不足」と考えています。

組合では「日本語能力向上」をトラブル防止の第一歩ととらえ、継続的な対策が必要と考えています。

ポイントは「やる気」をどう引き出すか

実習生達が日本語能力向上の為の「やる気」を継続的に持ち続けられる為の施策として、【日本語能力試験】を実習生達に受験するように推奨しその為の勉強会等を定期的に行っております。 単純に「試験を受けなさい」と言うのではなく、受験率や合格率の向上為に奨励金の設定や勉強会の実施を行っています。

本試験合格者全員に奨励金制度

日本語能力試験上位級合格者に対して奨励金を設定し、実習生の「やる気」を引き出す様にしております。結果、最高ランクの「N1」クラスやその次の「N2」クラスの合格者も多数輩出することができました。

JLPT合格者

全員受験!模擬試験

本試験の受験日までに、組合独自で日本語能力試験の模擬試験を開催。ほぼ全技能実習生に受験頂いております。この模擬試験の結果を集計し、上位ランキングに入った実習生に対しても本試験同様に奨励金制度を設けています。

模擬試験の様子

日本語能力試験を受けさせる意味

日本語能力試験(JLPT:Japanese-Language Proficiency Text)とは(公財)日本国際教育支援協会[JEES]が主催する、公的な日本語能力試験で、日本語を母国語としない方の為に日本語能力を測定し、認定することを目的とした試験です。

組合では技能実習生自身の日本語能力の向上が日本での実習生活を豊かにすると信じています。その向上した能力を実習生生活の終了と共に終わらせるのではなく、客観的に証明できる資格を持つことは、技能実習生が母国へ戻った後でも非常に大きな財産となるでしょう。

直接サポート/間接サポート

組合では通常の監理業務によるサポートはもちろん緊急時にも即座に対応が取れる体制を整えております。日本語能力の向上等、間接的なサポートも継続的に行うことで、企業様と実習生双方にとってよりよい実習生活を行っていただける様な環境づくりを目指しています。

▲安心のサポート体制の先頭へ

新制度に対応した確実な申請

実習生制度への変更

外国人研修制度から技能実習制度に変わり、新たな制度用に在留許可申請、査証の申請に係る法務省入国管理局等、各関係機関に提出しなければならない書類が大幅に増えました。

研修生時代には不要だったものが新制度移行必要になる事も多く、その書類は複雑で記入内容が難解な書類も多々ございます。さらに技能実習生の入国後も様々な申請手続きや報告義務がありますが、組合が監理団体として入国前から帰国後まで必要な手続きを行い、企業様も実習生達も皆が実習をして良かったと思えるように、きっちりとした監理指導をさせていただきます。

※受入れ企業様においてご用意いただく書類等ございます。

コンプライアンス(法令順守)について

組合では技能実習生を受入れるにあたりコンプライアンス(法令順守)を重視しております。継続受入れる為には必須となり企業様にもお願いしております。各省庁が発表しております指針に基づき適正な運営を行っておりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

▲安心のサポート体制の先頭へ

厳選した送出し機関との提携による優秀な人材の確保

ミャンマー人・ベトナム人・中国人等の技能実習生が受入れ可能

現在組合では各国における教育体制や技能実習生候補者の状況等をよく視察したうえで、適正な送出し機関を選定した結果、中国、ベトナム、インドネシアの送出し機関と契約を結んでおります。

さらにはミャンマーよりの送出し機関との契約も新たに結び今後の申込みが可能となりました。

様々な国との交流を増やし、受入を行っていきます


注目の「ミャンマー連邦共和国」受入開始いたしました

現在、様々なメディアでも取り上げられ、とても注目度が高いミャンマー連邦共和国。
急激に発展するこの国では、技術や技能をしっかりと持った人材が求められています。 しかしながら、国の情勢やインフラの整備状況、その他様々な状況により しっかりとした労働者への技術指導が行われておらず、若者が多く、皆やる気が溢れている にもかかわらず、優れた技術者が育つには環境面から言って、まだまだ難しい状況です。

このような状況下でミャンマー国内でも「日本への技能実習生の送り出し」の注目度は非常に高く 組合にも様々な情報や要望が入るようになり、受入を開始することとなりました。

ミャンマーの特設ページを公開いたしました。こちらもご覧下さい。 【ミャンマー特設ページ】

また、ミャンマーの実習生についてご興味のある方はお気軽に組合までお問合せ下さい

各国別の一般的な特徴は以下のとおりです。

中国人技能実習生の特徴
  • 組合の提携先が山東省なので他の国に比べ地理的に近く、日本の理解も深い
  • 日本への研修生・技能実習生の実績が一番多い
  • もともと漢字を利用するので日本語の理解も早いです。
  • 自分の意見をはっきり持っている。
ベトナム人技能実習生の特徴
  • 勤勉な人間が多い
  • 手先が器用
  • 集中力が高い
  • 向上心が高い
  • 家族思い
  • 親しみやすい
送出し国の基本データ

ヤマトデータベース協同組合が現在取り組んでいます国(中国、ベトナム等)の基本データをまとめました。

送出し国基本情報

新たな送出し国/機関を開拓しています

世界情勢は刻々と変る中、様々な国での送り出しの要望が届いております。

私どもでは、新たにミャンマーを開始し、4カ国からの受入を行っております。今後も様々な国からの 受入が可能となるように各国/送出し機関を視察し、的確な送り出しが可能であるか、 国民性や実習生の素質について自分達の目で確認し、安心して受入が可能となるよう、 常に開拓をおこなっております。

チャイナ+1

日本側の受入企業様の事情から、よく言われるようになりました「チャイナプラス1」

中国はこれからも重要な拠点に変わりないですが、、中国一辺倒ではなくベトナムやミャンマー、 タイやインドネシア等その他のアジア諸国に分散し、リスクヘッジする動きが加速しております。

組合でも、現在ではベトナムからの受入れ希望が急増し対応しておりますが、今回のミャンマーの開始と同様に様々な国の情報を収集、検討しております。日々変る情報を出来る限り皆様に 発信してまいりますので是非ご期待下さい。

▲安心のサポート体制の先頭へ

現在、組合ではスタッフを募集中です。募集要件など詳しくは【採用情報】をご覧下さい
  • 受入れ企業様の声
    企業さまの声

    ヤマトデータベース協同組合をお選びいただきました企業様に生の声をいただきましたので、是非ご覧下さい。

    詳細はこちら>>

  • 技能実習生の声
    技能実習生の声

    実際にヤマトデータベース協同組合を通して受け入れを行った技能実習生に聞いてみました。

    詳細はこちら>>

お問い合わせ

外国人研修生・技能実習制度について、電話でのお問い合わせは0742-94-6333まで(受付時間、平日(土日祝を除く)9:00〜17:00)FAX0742-35-6331 E-mail: info@yd-jissyusei.com

無料のお問い合わせ・資料請求は、こちらからお気軽にどうぞ

御社名(必須)

[例:○○株式会社]
ご担当者様名(必須)

[例:○○太郎]
電話番号(必須)

[例:0123-45-6789]
ご住所(必須)

[例:□県○市△町1−1−1 ○○ビル]階]
メールアドレス(必須)

[例:○○○@×××.co.jp]
問合せ内容
資料をもらいたい
技能実習生について詳しく聞きたい
電話連絡がほしい
メッセージ(ご自由にどうぞ)

電話でのお問い合わせは0742-94-6333まで(受付時間、平日(土日祝を除く)9:00〜17:00)FAX0742-35-6331 E-mail: info@yd-jissyusei.com